望む世界で自由に生きる Live freely in the world I want

旅をバージョンアップする。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

旅に出てみて分かったことが、たくさんある。
たとえば・・・

◉ 最初の目的は変わっていく可能性があること
◉ テーマのある旅の方が、得るものの大きさもシンクロ率も違う
◉ 不完全なスタートでも、色々動きはじめる
◉ 違和感や共感などから、自分の価値観・思い込み・癖などに気付く

 

当初、私は「大切なひとに届ける手紙」を集めようとした。

だけど伝えられない思いは、時に掘り起こさない方が良いことも知った。
それと、出逢ってすぐの人に色々さらけ出せる人はいないものだと気付いた。

ここは固執せずに 手放しても良いのかも知れないな。

そして、旅はそもそも一期一会に溢れているものだけど
「どんな一期一会をするのか?」を絞ると入ってくる情報も出逢える人も違ってくる。

そんな当たり前かもしれない事も、動き出さなければ分からなかった。
何か違う・・・という違和感は、凄く大事なんだ!

旅に出る、この理由  は今も変わっていない。
だけど、旅の目的やテーマ設定などをバージョンアップしていくことは必要。

 

旅のゴールをイメージしてみた。
全都道府県制覇する頃には、100人の経営者と出逢っている自分がいる。
私は昔から経営者の方とご縁が多く、いまも仕事柄たくさん出逢いたいと思っているから。

思えば、スタートした隠岐の「なかむら旅館」の大将は、
お客様だけでなく仲間やスタッフを大事にする、すでに最高の経営者だった。

2日目の米子でも、ホテル経営を無借金にした和子さんとの出逢いがあった。

経営者といっても、幅広い。
商店街にある老舗のお店だってそうだし、地域の中小企業かもしれない。
ご縁渡り歩いているうちに、大企業の経営者とご縁があるかも知れない。

これまでやみくもに一期一会を渡り歩いていたが、今月から的を絞った一期一会に
バージョンアップする✨

 

いわゆる一般的な旅行記は書かない。さまざまな経営者との一期一会ストーリーを紡いでいく。

先月までの出逢いも、追ってまとめていくので
また読んで頂けたら嬉しいです (*´▽`*)

 

さぁ!!あなたも私も

無限の価値観を旅しよう!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -




- Comments -

Copyright© Parallel world Travel agency 【PWTA】 , 2018 All Rights Reserved.