望む世界で自由に生きる Live freely in the world I want

あなたを変えられない、9種類の思い込みパターン

2018/10/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -

先日参加したセミナーで、「思い込みには9種類のパターンがある」と教わりました。
早速調べてみましたところ、日経プレジデントで特集されていましたので
ご紹介したいと思います。

 

「つい自分を責めてしまう」
「ついやってしまう」
「わかっているのにやめられない」

という行動や感情の正体は、次の9つの代表的なビリーフ(思い込み、固定概念)が根底にあるそうです。

私を含めて、ほとんどの人がそうなのかも知れませんが・・・下記以外にも
かなりの思い込みを持っています。

そしてそれを「思い込みだ」 と知るだけでも違ってくると思います。

 

1. 私は愛されない 

「本当の自分を見せると愛されない」
「私は仲間はずれにされる」
「両親は私を愛してない」
など2. 私は劣っている 

「私は姉に比べて能力が低い」
「自分は能力が低い」
「自分は劣っている」
など

3. 私は無力である 


「私は何をやってもうまくいかない」
「私にはこんなこととてもできない」
「どうせ頑張っても報われない」
「自信がない」
など4. 完璧にやらなければならない  

「ミスは絶対に許されない」
「いい加減な仕事は身を滅ぼす」
「一事が万事で手抜きは悪だ」
「細部に神が宿る」
など

5. 人から嫌われてはいけない  


「相手を怒らせてはいけない」
「嫌われてはいけない」
「拒絶されてはいけない」
など

6. 損をしてはいけない 


「後悔したくない」
など

7. 他人を信用してはいけない 


「虐められた」
「友達に裏切られた」
「クラスメイトから陰口を言われた」
など

8. 時間を無駄にしてはいけない   

「時間に遅れてはいけない」
(ギリギリまで何かをしていないと気が済まない傾向)
など

9. 失敗をしてはいけない   

失敗する=不完全な人間
ミスをする=プロとして失格
本来完全であるべき
など 

 引用元 日経プレジデントオンライン
クリック 「嫌われたくない」……デキる人ほど「自滅」する9パターン

 

いかがでしょうか?!
トラウマとか心のブロックとか思っている部分かも知れませんね。

生まれてから今まで、環境の中で様々な刷り込みがあります。

それは他者や自分自身が、自分を守ってくれるためのものであったりと
刷り込みは一概に悪いわけではないのですが・・・

自分の勘違いによって、自分を苦しめているということですね!

自分のことを変えるのは結局自分でしかありませんから、

まずは思い込みだと知ることからはじめてみてくださいね♬
この記事を書いている人 - WRITER -




- Comments -

Copyright© Parallel world Travel agency 【PWTA】 , 2018 All Rights Reserved.