望む世界で自由に生きる Live freely in the world I want

逃げるならトコトン逃げて、罪悪感を持たないこと。

2018/10/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今日はバスの中で書いています。

移動中は思考の整理したり、
溜まりまくっている本も読めるので嬉しいけど・・・

さっきも集中し過ぎて、地下鉄乗り換え忘れたり(笑)

何を隠そう~、私。
ものすごくドンくさくて忘れん坊なのです☆

周りから「しっかりもの」と見られてきたのは、一人で何でもやろうとするから。

 

でも完璧求められている訳違うのに、一人で勝手に苦しんでた時期もありました。
逃げるとか自分の中で「言語道断」で、自分をいつも追い詰めてたんですよね。

結局わたしは強制終了かかることになりました。
心身壊すまで気付かなかったという~

あのタイミングで自分がフリーズしてくれて良かったと今でも思います。
下手したら過労死してたはず(焦)

 

そこから、自分で自分の面倒みる!!って、やっと向かい合いました。

だらしない自分も
情けない自分も
やる気ない自分も
継続できない自分も
何もかもダメダメな自分にも

トコトン逃げさせてやりました。

本当の自分を知るため、罪悪感だけは抱かないという約束だけして。

 

これ、最初からうまく出来た訳ではありません。

自分が嫌いで、責めて責めまくって生きて来たので・・・癖がついてるし。

でも自分を責めて罪悪感抱くのは、
「自分の人生に責任持たず、悲劇を演じて満喫していること」だと気付いたの。

 

そもそも罪悪感抱くなら、それをやらなければ良いだけのこと。

トコトン逃げて脱落するなら責めずに、
それをやりたい意味を感じてみようと思ったのね。

自ら選択したものでないと、自分の道にはならないから。

納得するまで、どこまで堕ちるのかやってみたけど・・・(笑)

 

ビックリすることに!!!
罪悪感抱かないなら堕ちないって結果に。

いやいや、それどころか
人間らしい自分が大好きになりました❤

どんな風に生きても、嫌われたりイヤなことはあるけど
逃げまくってサボりまくっても、死ななかった。

大きな声で言えませんが・・・
電気もガスも止まったことあるけど、やけくそで笑ってたら仕事が入った(笑)

色々な人に助けてもらって「人はひとりで生きてない」って実感したし、
何もできない自分でも生きてる限り誰かの役に立ってることも分かったし。

 

だから言えるのは

『逃げるならトコトン逃げて、罪悪感を持たないこと!!』

本物の感謝とは、簡単に口にできるものではない深さだな~って思った。

ま、よーするに
頑張るときも、逃げるときも自分に責任持とう!ってことね。

 

逃げる時は逃げて良い。

また立ち向かいたい時が、必ずくるから!!

この記事を書いている人 - WRITER -




- Comments -

Copyright© Parallel world Travel agency 【PWTA】 , 2018 All Rights Reserved.