望む世界で自由に生きる Live freely in the world I want

富裕層の読書量は、年収300万円の人の38倍

2018/10/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ただ、本をたくさん読むだけではない。

 

30代で年収3000万円の人を311人調査された方がいます。
クリック 38倍の読書差から生まれた格差 30代で年収3000万円を実現する

この方以外のデータでも同じような数字でしたので、「あ。やっぱりな~」というところ。

普通の人はほとんど本を読みません。たとえば、20代30代のビジネスパーソンは1年間で平均3.1冊の本を読むという統計があります。1カ月に換算すると、0.26冊です。

その一方で、30代で年収3000万円の人は1カ月間で平均9.88冊も本を読むのです。なんという差でしょうか。

20代30代のビジネスパーソン平均が月0.26冊で、30代年収3000万円の人の平均が月9.88冊。その差は38倍です。劇的に違う習慣といえます。

私の身近な人でも、このデータ通り 1ヶ月に10冊は読んでいます。
やはり年収も3,000万円以上でした。

で、ここで注目してほしいのが むやみやたらに数だけではないこと。

富裕層でも本を読まない人が16%いらっしゃるのですね。
そんな方はというと・・・

「まったく本を読まない層」は本の代わりに、ものすごい数の人と会ったり、すごい数の視察をしていたり、セミナーや研修に行ったりすることで、自己投資しています。

とありました。これもなるほど~です☆

私が仕事で富裕層の方ばかり接していたとき、

「一般の方が会社帰りに同僚や友達と飲みに行き、上司などの愚痴を言っている時間には
成功者に会いに行く、学びにいくなど将来への投資をしていた。」

なんてよく聞かされていました。

良し悪しではなく、息抜きの仕方が違うのだな~って感じていましたよ。

アメリカの調査でもビル・ゲイツやウォーレン・バフェットのような大富豪が1日30分以上本を読むのに対して、
年収300万前後の人たちの中で1日30分以上の読書をしていたのは、たったの2%しかいなかったそうです。

また、日本マイクロソフトの代表を務め、ビル・ゲイツと共に働いた成毛眞さんは

周りの経営者やクリエティブな人の中で、本を読んでいない人はいないとして、ビル・ゲイツのような優秀な人達に共通していることは、「良い本」を「大量」に読んでいること

だと仰っています。

何のために、どんな本を選択するか も大切なのかも知れません。

私も毎日、本にまみれていますが・・・積読や乱読が多いので
まだまだ修行!!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -




- Comments -

Copyright© Parallel world Travel agency 【PWTA】 , 2018 All Rights Reserved.